電気使用量を下げて、不要な電気を使わず使用料金を下げよう

住まいの悩みは不動産会社で解決する

メガソーラーとは

メガソーラーへの外資の参入

メガソーラーについては外資の参入が相次いでいます。 その背景には、日本固有の固定買取制度という制度が大きく影響しています。 現在、政府は再生エネルギー事業拡大と普及のために、電力会社に対して固定買取制度に基づいて電力の買取を行わせています。その電力というのは固定価格が付いているのでメガソーラーを設置するだけで高い利潤を上げることができることから外資や大企業の参入が相次いでいるのです。先日、北海道の広大な平野に外資による投資でメガソーラーが設置されることが決まりました。メガソーラーを設置するだけで高い利潤が出ることから、米国を始めとする外資の参入が盛んに行われており、高い利益を出すことに成功しているのです。

メガソーラーは大気汚染を緩和できる

メガソーラーとは出力が1メガワット以上の太陽光発電所の呼称で、火力発電所などと比較してメガソーラーはメンテナンスの手間が少なく環境に優しいため、一般企業などが設備を保有することが多くなっています。このようにメガソーラーを扱う事業者は専門の電力会社だけではなく、一般企業にも広がっています。 メガソーラーを運用する企業や自治体が増加すれば火力発電所などによる大気汚染などが緩和されるという大きなメリットがありますが、メガソーラーの建設には莫大な費用が掛かるという難点もあります。 しかし、環境に与えるメリットの方が大きいためこれを導入する企業や自治体が増加しています。いつまでも人間が地球で暮らすためにもこのような取り組みは必要不可欠なものでしょう。