電気使用量を下げて、不要な電気を使わず使用料金を下げよう

住まいの悩みは不動産会社で解決する

電気の使用量を調整

電力料金と契約ワット数について

デマンドコントロールとは、瞬間的に利用される最大の電力量をコントロールすることで、電気料金を削減しようとするものである。 電力会社の基本料金は、一般的には契約ワット数により料金が設定されている。この契約ワット数を低くし、その範囲で電力を利用することで、基本料金を抑えることができる。 その際、契約ワット数を減らし過ぎると、ブレーカーが頻繁に落ち、利便性を損ねてしまう。その為、契約ワット数を落とす際にはこの点への注意が必要になる。 しかしその際、デマンドコントロールを利用することで契約ワット数に迫った場合、警報で予め知らせてくれるなど、契約ワット数を超えない利用への対策ができる。それにより、契約ワット数を落とし、料金削減に繋げられる。

デマンドコントロールとその導入のポイントについて

デマンドコントロールの利用においては、いくつかのポイントとなることがある。 まずは、デマンドコントロールを導入する前に、どの程度の電力利用が瞬間最大であるかをある程度把握しておくことが必要になる。それにより、契約ワット数を見直し、基本料金の削減に繋げられるためである。 また、デマンドコントロールを導入後も、頻繁に警報が鳴るなど、落とし過ぎることで利便性を損ない、逆に負担となるケースもある。 その為、デマンドコントロールの導入後も、常に状況確認し、最適なワット数での契約が行えるようにしていくことが重要になる。この際、電力使用では季節や時間帯などにより異なるため、それらも考慮した上での対策が重要になる。

  • メガソーラーとは

    固定売買制度という電気の販売が自由化されたため、最近メガソーラーなどの自然エネルギーを使用した発電施設が多く登場しています。特に外資系産業の参入が多く、初期投資だけで元が取れ利益が出ます。

    詳しく読む

  • さく井工事とは

    さく井機械を使用した工事にさく井工事があります。ボーリングマシンを使用して掘削し、穴にスクリーンという地下水を流入させるものを設置します。この工事によって地下水を組み上げることが可能です。

    詳しく読む